Monthly Archives: June 2010

毛虫の季節

皮膚科医は皮膚病を通じて季節を感じます。先日来、毛虫皮膚炎の患者さんが次々と来て、今年も毛虫の季節がやってきたことを実感しました。毛虫による皮膚炎は庭木の剪定など、屋外での作業を行った後に、腕や体に強いかゆみを伴う赤いブツブツが沢山出るのが特徴です。これは、ドクガやチャドクガの毛虫の毒針毛が皮膚に刺さって起こる皮膚炎です。毒針毛は細く、衣服に付着して皮膚に刺さりますので、服に覆われたところにもブツブツが出ます。洗濯物に毒針毛が付着していることもあります。毒針毛に接触したことに気付いた場合はセロテープを皮膚に貼っては剥がすことを数回繰り返し、さらに石鹸をつけてシャワーで洗い流すと症状を軽くすることができます。 毛虫の写真のリンクです。http://photozou.jp/photo/properties/20342/4627119

Posted in 未分類 | Comments Off on 毛虫の季節

水虫:家族内感染に注意!

先日、2歳のお子さんの足に小さな水ぶくれがあるとお母さんが連れて来られました。検査してみると、立派な水虫!お母さんに聞くとお父さんに水虫があるとのこと。 後日、お父さんが受診されました。診察すると、普通の水虫に加えて爪水虫もあり、飲み薬による治療を始めました。このように、水虫は家族にうつりますので、大切な家族のためにもきちんと治療しましょう。

Posted in 未分類 | Comments Off on 水虫:家族内感染に注意!

皮膚がん健診のすすめ

人口の高齢化に伴い、皮膚がんの患者さんが増えています。皮膚がんの中でも悪性度の高い悪性黒色腫(メラノーマ)はとくに早期発見、早期治療が大切です。悪性黒色腫は足の裏と手足の爪によく見られます。写真のような症状のある人はすぐに受診してください。より詳しくは次のリンクをご覧下さい。melanoma

Posted in 未分類 | Comments Off on 皮膚がん健診のすすめ