マダニ刺症について

マダニは山間部の森林に生息し、野生動物から吸血して成長します。近年はイノシシやシカなど野生動物が増加して人里にも出没しているのでマダニの生息域も拡大しており、山の中だけではなく、人家の庭や公園などでも人間がマダニに刺されることがあります。当院でも春から夏にかけて毎年5~10人のマダニ刺症の患者さんが受診されます。

マダニは衣服の隙間などから入り込み体表面を移動して、下腹部や腋など比較的柔らかい部位に口器を刺入して数日間にわたって吸血します。刺入された口器の周囲にはセメント様物質が分泌されて虫体は皮膚に強く吸着します。虫体を無理に除去すると口器が皮膚に残り、炎症反応や痛みが持続しますので、体に着いたマダニを発見したら直ぐに受診してください。病院では吸着状態に応じていくつかの方法で口器が残らないようにマダニを除去します。

マダニは色々な黴菌を有しており、吸血中にこれらが人体に入るとまれに重篤な感染症を引き起こすことがあります。マダニの種類と分布は地域により異なり、近畿地方では主にタカザゴキララマダニとフタトゲチマダニの2種類で、これらにより日本紅斑熱と重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という2つの感染症が生ずる可能性があります。日本紅斑熱はリッケチア・ヤポニカによる感染症で高熱と全身の発疹を特徴とします。SFTSはブニアウイルスが病原体で高熱とともに腹痛、下痢、嘔吐などの胃腸症状が出現し、著明な血小板減少、白血球減少と肝機能障害が起こり致死率の高い重篤な感染症です。これらの病気はマダニ吸着後数日から2週間の間に発症しますので、この期間は上記の症状の出現に十分な注意が必要です。

マダニ刺症は予防が大切です。野外活動に際しては極力草むらや繁みに入らないこと、長袖、長ズボンの着用で肌の露出を極力避けること、靴やズボンの裾に虫よけスプレーを念入りに噴霧することなどの予防対策を講じてください。

Posted in 未分類 | Leave a comment

パッチテストのすすめ

手やからだに痒い皮疹が出て、皮膚科でお薬をもらって塗っているけれどなかなか良くならないという患者さんが時々いらっしゃいます。これはアレルギー性のかぶれのことが多く、その場合にはパッチテストを行って原因を明らかにする必要があります。

下の写真は29歳の男性です。以前よりアトピー性皮膚炎で通院していましたが、最近調理の仕事を始めてから手に痒い皮疹が出てきて、ステロイド外用薬を塗ってもよくなりません。そこで仕事で使用している石鹸と手袋を持ってきていただきパッチテストを行いました。その結果下の写真のように手袋が陽性でした。この手袋は合成ゴムを含むニトリル手袋でしたので、この患者さんはおそらくゴムの加硫促進剤に対するアレルギーがあるものと考えられます。そこで代替品として仕事中はビニール手袋を使用してもらうようにすると、手の皮疹は軽快して以後再発はありません。

この患者さんの場合はかぶれの原因がある程度予測できましたが、これがまったく分からないケースも多々あります。そのような場合には日本人のかぶれの原因として頻度の高い24種類のアレルゲンをスクリーニングするキット(パッチテストパネルS)が有用なことがあります。先日、全身に痒い皮疹が出て1年以上当科に通院している中年の女性にパッチテストパネルSによるスクリーニング検査を行いました。その結果この方は松脂の成分であるロジンに強いアレルギーがありました。この患者さんの仕事は歯科衛生士で、調べてみると歯科の治療材料にはロジンを含むものが色々あることが判明しました。

パッチテストは試料や試薬を貼付する日と、その2日後およびその翌日または翌々日に判定のために受診していただかなければいけませんので、ちょっと面倒な検査ですが、これで何年も悩まされている痒い皮膚病の原因が明らかになってすっきり完治することもあります。パッチテストは医療者にとっても面倒な検査で、忙しい開業医では行っていないところが多いと思われますが、我々のクリニックでは積極的に行っています。

Posted in 未分類 | Leave a comment

水いぼとプール

「水いぼ(伝染性軟属腫)」はウイルスによる感染症で、小学校低学年までにほとんどの子供がかかります。水いぼには軟属腫ウイルスが大量に含まれているのでこれを掻き壊すと周囲の皮膚にウイルスが感染して広がります。また、肌と肌の接触やタオルの共用などで他の子供にうつることもあります。


水いぼはウイルス感染症ですので、いずれは免疫ができて半年から1年くらいで自然に治ります。はしかや水ぼうそうとは異なり重篤な合併症を引き起こすこともないので、基本的には放置して差し支えありません。しかし、夏が近づくと保育園や学校でプールが始まるため保護者の方から水いぼをとってほしいという依頼が増えます。水いぼをとる方法はいくつかありますが、最も確実な方法はピンセットによる摘除です。しかし、これは麻酔のテープを貼付してもある程度痛みがありますし、子供たちにとっては辛い処置です。


そもそも、プールで水いぼがうつることはあるのでしょうか?少なくともプールの水を介して水いぼがうつることはありません。但し、タオルや浮き輪、ビート板などを介しての感染はあり得ますので注意が必要です。また小さなビニールプールに沢山の子供が入って肌と肌の接触があると問題かもしれません。これらのことに注意さえすれば水いぼの子供がプールを楽しむことは何ら問題ありません。水いぼの子供もプールに入ってよいというのが世界的な常識ですし、わが国でも皮膚科学会と小児科学会がそのような統一見解を出 しています。


しかし、依然として「水いぼの子はプールに入れない」という“規則”のある保育園や学校が多いので、水いぼの子供は楽しいプール遊びを断念するか、痛い目にあって水いぼをとられるかしかないというのはとても可哀そうなことです。保育園や学校の関係者の方々にはぜひこのような科学的根拠のない“規則”を見直していただきたいと思います。どうして も肌と肌の接触による感染が気になるのであれば、水いぼに防水テープを貼れば済むことです。多数の水いぼがある子供さんにはラッシュガードのような全身を覆う水着を着用させれば良いでしょう。いずれにしても、病気の子供を“排除“するのではなく、何とか工夫して共に楽しめるようにしてあげるという視点が大切だと思います。

Posted in 未分類 | Leave a comment

薬による光線過敏症

春になり日差しが強くなると、光線過敏症の患者さんを時々診ます。これらの患者さんは、普通であれば日焼けを起こすことのない少量の紫外線で、手や顔面など露出している部位に強い炎症を起こします。

光線過敏症は色々な原因で起こりますが、最も多いのは薬の副作用によるものです。新しく3か月から半年前から処方された薬を飲んでいるうちに、春の紫外線の強くなる季節に症状が出てくるのが特徴です。

原因薬剤は多岐にわたりますが、最近では新しく発売された高血圧の薬(降圧薬)が原因の光線過敏症がしばしば見られます。これらの降圧薬にはクロロチアジドが配合されています。クロロチアジドは昔使われていたお薬で、光線過敏症の原因となることはよく知られています。他に良い降圧薬が沢山出てきたため、最近は殆ど使われることがなくなっていましたが、ここ2~3年、他の降圧薬との合剤として新薬に配合されているので注意が必要です。

光線過敏の症状は原因薬剤を中止すれば速やかに軽快します。しかし、診断が遅れ、強い過敏症状が続くと、皮膚の色素沈着と色素脱出が混じった不可逆的な醜形を残すことがあります。

降圧薬の光線過敏症

Posted in 未分類 | Leave a comment

格闘技選手の「たむし」

水虫を起こすカビの一種である白癬菌が足以外の皮膚に感染したものがいわゆる「たむし」です。「たむし」は股にできることが多いのですが、体のどの部位にもできます。「たむし」で来院する人の90%以上は水虫をもっていますので、水虫の白癬菌が自家接種で足以外の皮膚にくっついて発症するものと考えられます。つまり、普通の「たむし」はそれほど感染力の強いものではありません。

しかし、最近、感染力が非常に強い「たむし」が、柔道やレスリングなど格闘技の選手の間に広がっていて問題になっています。これは、特殊な白癬菌であるトリコフィトン・トンズランスが原因です。トンズランスはもともと日本にはいなかった白癬菌ですが、10年以上前に海外遠征に出かけた格闘技の選手によって国内に持ち込まれたようです。トンズランスは普通の白癬菌とは異なって感染力が強いことが特徴で、体の接触が激しい格闘技の選手の間で大流行しています。また、この菌は毛に入りやすいことも特徴で、頭につくと脱毛を起こします。

治療は通常の「たむし」と同じ抗真菌剤が有効ですが、皮膚の産毛にも入り込んでいることが多いので、塗り薬だけでなく、1~2カ月飲み薬も服用する方が確実です。

Posted in 未分類 | Leave a comment

メラノーマの新しい治療薬

悪性黒色腫(メラノーマ)は早期に切除すれば治癒しますが、進行して転移が出ると有効な治療がほとんどありませんでした。これまで唯一ある程度の効果が認められていたのはダカルバジンという抗がん剤ですが、それも有効率はわずかに15%程度というものでした。しかし、最近の研究の進歩により、一昨年と昨年、進行したメラノーマに有効なイピリミマブとベムラフェニブという2つの新しいお薬が米国で相次いで認可されました。前者は免疫抗体療法、後者はいわゆる分子標的薬で、いずれもダカルバジンとの比較で生存率の延長が認められています。これらの新薬は残念ながらわが国ではまだ認可されていませんが、間もなく国内でも承認に向けた臨床試験(治験)が始まる予定です。なお、イピリミマブと類似したPD-1という免疫抗体療法の治験は全国の主要な大学病院皮膚科を中心にすでに始まっていいます。

Posted in 未分類 | Leave a comment

シモヤケの季節

数日前から寒さが本格的になり、今年もシモヤケの患者さんが来院し始めました。
シモヤケは最低気温が3~5℃、日内温度差が10℃以上で発生しやすくなりますので、真冬よりもむしろ初冬または初春の季節の変わり目に多くみられます。手足の先や耳など循環障害の起こりやすい部位が赤く腫れ一般に痒みを伴います。症状がひどいと、水ぶくれや潰瘍になることもあります。
シモヤケのできやすい人、できにくい人は確かにあるようで、毎年のようにしもやけに悩まされている人は、好発時期の初冬や初春に早めに手袋を着用する、耳まで覆う帽子を被るなどの予防が大切です。シモヤケができてしまった場合は、マッサージや冷温交替浴を行います。ビタミンEの内服や外用も多少の効果があります。水ぶくれが破れたり潰瘍になったりした場合は、抗生物質の入った軟膏を塗るなどして、ばい菌の感染を防ぎます。シモヤケは暖かな春になれば必ず治ります。暖かくなっても治らない場合は、別の皮膚病や内臓疾患が原因のことがありますので、必ず皮膚科を受診してください。

Posted in 未分類 | Leave a comment

足の裏のほくろは切らなくて良い

以前に足の裏のほくろとメラノーマ(悪性黒色腫)について書きましたが、もう少し補足しておきます。昔は足の裏のほくろでやや大きいものや形のいびつなものは、メラノーマの可能性を病理検査で否定するために切除するのが一般的でした。しかし、最近はダーモスコピーという新しい診断機器が普及して、肉眼的にほくろとメラノーマの区別がある程度できるようになりましたので、足の裏のほくろを切除することが少なくなりました。ダーモスコピーとは皮膚表面での光の乱反射を防止しながら皮膚の病変を10倍くらいに拡大して観察する機器です。これを使うと足の裏の溝と丘の平行線がきれいに見えます。ほくろではこの溝の部分に黒い色がつきますが(左図)、メラノーマのはじまりでは色素沈着は丘の部分にみられます(右図)。左図のような所見がはっきりしていれば、ほくろに間違いありません。足の裏のほくろがメラノーマに変化することはまずありませんので、放置しても大丈夫です。一方、右図のような所見がはっきりしていれば、メラノーマの可能性が高いので直ちに切除します。ダーモスコピーの所見がどちらのパターンかはっきりしないときは定期的に経過を観察し、7㎜を超えて大きくなるようであれば切除します。

Posted in 未分類 | Leave a comment

アナフィラキシーショック

先日の夕方、診察時間が終わる頃に、自宅で農作業中に蜂に指を刺された男性が来院しました。受付に来られた時にはすでに血圧が下がっており、目がよく見えないと訴えられていました。自宅から10分くらいの距離を自分で車を運転して来たのですが、途中から目の前が真っ暗になって、辛うじて私たちの診療所にたどり着いたとのことでした。途中で交通事故を起こさなくて幸いでした。直ちに点滴とアドレナリンの投与を行い、無事回復しましたが、アナフィラキシーショックの恐ろしさを実感しました。

蜂毒によるアナフィラキシーは、刺されてから15分以内に起こり、全身の蕁麻疹、呼吸困難、嘔吐、腹痛、下痢やめまいなどの症状が出ます。重症になると血圧低下を伴うショック状態となり、一刻を争う状況になります。実際に我が国では毎年30人程度が蜂毒によるアナフィラキシーにより死亡しているようです。

アナフィラキシーは他に食べ物や薬でも起こることもあります。アナフィラキシーの症状が出たら、とにかく助けを呼び、一刻も早く医療機関に向かうことが大切です。このような時こそためらわずに救急車を利用するべきです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

水虫のOTC薬

そろそろまた水虫の季節がやってきますが、この時期になると写真のような水虫のOTC薬によるかぶれを時々診るようになります。

OTC薬とは、医師の処方箋が無くても薬局で購入できる市販薬のことです(OTCはオーバー・ザ・カウンターの略)。OTC薬は安全性が重視されていますので、その分効果は弱いものが多いのですが、最近は私たち医師が処方する薬と同じ成分が含まれているものもあります。水虫のOTC薬の多くも、水虫の原因である白癬菌に強い抗菌作用を示す薬物が含まれていますので効果は十分あるのですが、時々ひどいかぶれを起こすことがあります。一方、医師が処方する水虫の薬でかぶれを起こすことはあまりありません。これはどうしてでしょうか?

実は、水虫のOTC薬にはメントールなどのかゆみを抑える成分(鎮痒剤)や殺菌剤、消毒薬などが含まれており、これらの成分がアレルギー性のかぶれを引き起こすことがあるのです。鎮痒剤が含まれていれば、塗った時にスッとして一時的に痒みが和らぐかもしれませんが、それで水虫が直ちに治るわけではありません。それよりも薬を根気よく塗って白癬菌の増殖を抑えることが大切で、そうすればいずれ痒みもとれます。なお、水虫は痒いというイメージがありますが、実際には水虫の過半数には痒みはありません。また、白癬菌は殺菌剤や消毒薬では死にませんのでこれも無駄なものです。OTC薬のメーカーは鎮痒剤や殺菌剤を入れることで付加価値をつけて販売を促進したいのでしょうが、むしろこれらがかぶれなどのトラブルの元になる可能性がある訳です。

OTC薬は病院に行かなくても簡単に手に入るので、水虫の治療くらいはこれで十分と思われるかもしれません。しかし、水虫は症状が様々で、私たち皮膚科医にとっても完治させることが難しい厄介な病気なのです。

Posted in 未分類 | Leave a comment